FC2ブログ
道化師

昨日は友人の教え子の佐藤康子さんのオペラを上野の東京文化会館で鑑賞
康子さんはますます輝いてきた感じ。
「華がある」という言葉がぴったり。
伸びやかなソプラノにうっとりです。

どちらのストーリーもオペラだからなりたつのかな、これが芝居だとやっぱり様にならないかな
なんて変なことを浮かべながらも鑑賞。喜劇のようで悲劇
いい気持になって時にはオペラもいいものです。

康子さん素晴らしい舞台をありがとう。
スポンサーサイト

記事のコメント

コメントの投稿

Copyright (C) 結だより