FC2ブログ

利根町巡り

予報通り、雨が雪に変わりこん夜は積もりそうです。

DSC_0907.jpg

昨日は、毎年恒例の「よいまち・よいとこ・新発見とね七福神めぐり」・神社仏閣巡りでした。

DSC_0910.jpg
一番が徳満寺
このお寺にはとってもお世話になりました。お寺のすぐ隣に保育園があって30年以上も前になりますが、3人の子どもたちがすごく面倒を見てもらいました。
そのころは7時前に子どもたちを預けなくてはならなくて、でも保育園はまだ空いてないので、今は亡き徳満寺のおばあちゃんに預かっていただいたのです。帰りは、誰もいなくなった保育園で最後にぽつんと待っている子どもを迎えに行って、切ない思いをしたこともありましたが、ありがたいありがたいお寺です。

DSC_0912.jpg
二番目は来見寺。大みそかの夜は紅白がおわると家を飛び出て、母親と一緒に来見寺に鐘を突きに行くのも習わしでした。母はよいしょっと元気な掛け声をだして鐘を突き、私よりも大きな音でした。突きおわるとかわいい干支の置物がもらえるのでそれが目当てでした。

DSC_0914.jpg
三番目は、布川神社。
中には3年に一度行われる夏祭りでかつがれる神輿が奉納されています。神社に繋がる長くて急な階段をお神輿が登っていく様は別な世界に行ったような気持ちにもさせてくれ見ごたえがあるものです。でも神輿を担ぐ若者が少なくて今は大変なようです。

この階段は、私にとっては中学生の時のバスケット部の練習コース、上り下りだけでなく、うさぎ跳びもして苦しく懐かしい思い出です。今はうさぎ跳びなど膝を痛めるとかでありませんよんね。

DSC_0918.jpg
四番目は應順寺
ここは、タエチャンとのウオーキングコースで、梅の花がきれいなお寺です。

DSC_0920.jpg
五番目は、コウモウ神社。(古すぎてか漢字の変換ができません)
すごーく歴史と由緒ある神社だそうです。始まりは紀元前で関東最古の神社だそうです。
すぐそばに縄文時代の貝塚もあるということです。縄文時代、このあたりで人々のどんな暮らしがあったのでしょうね。

DSC_0922.jpg

六番目は円明寺
この寺では毎年、落語の寄席が開催され、落語の面白さをたっぷりと味わっています。若い住職さんはジャズもやられるとか。

六つ回ってタイムリミット。午後には予定があって戻らなければなりません。残念でしたが、また別の日にタエチャンと歩きたいと思います。
新発見といえば、布川にはお城があったというのは知っていましたが、おとの様の名は「豊島(としま)」という苗字なのを初めて知りました。
そういえば中学校の校歌に「~~~としまだい  としーまだい  ああ~・・・」とありました。わからずに歌っていましたが、こことつながっているのですね。
お殿様はどんな人だったのでしょうね。きっといい人だったでしょう。いい町ですから。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する