FC2ブログ

たくさん観てくれました

DSC_0681.jpg

今日は、映画「不思議な国の憲法」の上映日
3月ごろ「何かしたいね、しないとね」という感じでこつこつと進めてきました。
何しろ映画に取り組むのは初めてのこと。
会場探しから。
広さ、料金、スクリーン、プロジェクターなどなど。近くにちょうど良い会場がありました。
プロジェクターは先輩先生が貸してくれ映写も応援してくれました。困ったときはありがたい。
天井から降りてくるスクリーンがあり、でも今まであまり使われたことがないらしい。
途中、会場の都合で日程の変更などあり、ひやっとしたり、知事選の関係で予定通りできるかどうか心配したり。

看板の文字は書道の得意なFさん。

やはり1番の気がかりは、チケットの売れ行きですが、目標を超えることができました。
会場には高校生はいませんでしたが、若い人の顔もちらほらと見えうれしくなりました。

憲法の歴史、抱えている問題・課題、など深く広い内容なので、
観た方はどのように受けとめたのでしょうか。
私は日本国憲法は素晴らしいという思いを強くしましたけど。

どんな時もこまめに動く事務局長、便り作りに力を発揮するYさん。
子どもを抱えて忙しいのにチラシ、チケットづくり。映画会社との交渉をしたNさん。知り合いの多いFさんはチケット売りまくり。

実行委員は多くはありませんでしたが、それぞれの持ち味得意な面を活かして会を成功することができたと思います。

すぐにでも打ち上げをしたいところでしたが、先延ばしになったのが、ちょっと残念。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する