FC2ブログ

夏本番

EPSON038.jpg

EPSON037.jpg

クレヨンハウス、落合恵子さんの主催する夏の学校に参加するようになって10年は超えるかと思います。
朝の8時30分から講義がスタートして、夜の11時ごろまで学びは続きますので、合宿のような感覚です。
ちょっと学生気分に戻ったようで、うれしくもあり。
全国から参加してくる女性のパワーに圧倒されますが、男性は5%の参加でしょうか。

DSC_0631.jpg

2日目の中村哲さんの講義
長く続いた戦闘や、大干ばつで草も木も生えなくなった大地が井戸を掘り、用水路を建設することで
水が蘇り、見事なほどに緑の大地が蘇っていきます。
30年以上に渡りアフガニスタンの地で活動してきた中村さんの話は誠実で正直なものでした。
憲法9条があるから信頼されるとの言葉に世界の中での9条の重みを感じました。

絵本作家さんたちの絵本つくりの苦労や楽しさを聴くとこちらまで
作品に対して愛着が持てますね。読み聞かせの仕方も変わってくるような気がします。

DSC_0633.jpg

3日目の松元ヒロさんの「アベくんと憲法くん」は永六輔さんの話も織り込みながら
2時間。この国、この世界のおかしなことを笑い飛ばしてくれました。

絵本になった「憲法くん」の一人芝居は素晴らしい。

現実が憲法に合わなくなった、だから憲法を変えろというが、
憲法に合わないなら、政府を変えろ!の言葉に拍手


DSC_0637.jpg

ラストの講義は落合さん。
「私の中の「あばれ馬」
東京電力福島原発事故・・・忘れさせていくシステムに乗るなよ。
暴れ馬よねむるな 厳かな言葉に眠らされるな。

どの講師の話にもベースにあるのは、命が大事、平和が大事、子どもが大事。

夏の学校は私の1年分をリセットしてくれる、学校です。
澤地久枝さんも受講生として参加されていました。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する