FC2ブログ

結だより

「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。

雨の日は、雨を聴く

DSC_0529.jpg

庭が小さな森のようになってきた。(先のことなど考えずに植えこんだからと兄に言われたが)
でも気に入っている。

ここ2,3日朝方雨の音がする。
耳を傾けると雨音にもいろいろある。
パラパラ、ポタポタ、ポトポト、ザーザーetc

今、朗読サークルでは「日日是好日」を習っていて
その中に「雨の日は、雨を聴く」という章がある。

  ヤツデの大きな葉は、パラパラと豆を挽き返すような音
  椿の葉は、ぷるぷると小さく震えながら雨にに光っている
  笹の葉は重くうなだれて濡れている
  葡萄の若葉は、ムチのように激しく首を振り葉っぱの裏を白く見せながら
  騒いでいる
  激しい雨に葉っぱ一枚一枚まで洗われて、庭の木々が狂喜している

  雨の日は、雨を聴く。雪の日は、雪を見る。
  夏には、夏の暑さを、冬には身の切れるような寒さを味わう。
  どんな日も、その日を思う存分味わう。


こんな文章を読んでいると雨には雨の味わい方があると思えてくる。
「お天気が悪くていや」という気分もなくなってくる。

庭に降る雨音も紫陽花、山法師、姫沙羅、楓などの葉によってそれぞれ違って面白い。

EPSON033.jpg


「日本と再生」という映画を観た。
世界の流れはもうすでに自然エネルギー
福島の原発事故を教訓にして脱原発を宣言したドイツなどすごい。中国も、デンマークなども。

日本は「学ばない国」と監督は言っていたがとても楽しく映画つくりをされている感じだった。。

もうすぐそこまで自然にあふれた世界が来ているのです。
スポンサーサイト
蓮見 | Home | ほっこり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する