FC2ブログ
「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。
2017年06月13日 (火) | 編集 |
梅雨入り宣言があって初めての梅雨らしい天気。
曇り空も弱い雨も時にはいいもの。心を落ち着かせてくれる。
庭木や畑の水やりを気にしなくていい。

これからの紫陽花もたのしみ。
DSC_0511.jpg

燕の巣のすぐ下にアゲハチョウのさなぎがいる。
6月1日ちょっと家に戻った娘が目ざとく見つけたもの。その時は幼虫からさなぎになろうとしているときだった。
燕に食べられないように  と心配していたが難を逃れ今日で2週間。
頭をちょんちょんと撫でると初めのころはちょっと体を動かし反応するから面白い。
このさなぎの形は千葉県の学習をするときに県の形に似てるねと意見が出たりする。
羽化が楽しみ。もうそろそろ?

DSC_0490.jpg

今朝の新聞の投書欄に35歳の小学教諭の発言が出ていました。
     近年、座席を固定しない、ソファなどを配置してカフェのような空間をにする企業もあり、職場環境を変え、活発にすれば、
    業績にもつながる。新たなアイデアも生まれる。一方で、学校現場はどうか。島形に学年ごとに机が配置された職員室。
    休養室、休憩時間もない。・・・創造性や主体性が求められる未来の教育。硬直したシステムや思考を変えるには
    教育現場がまず変わるべきだと思う。

このようなもの。ほんとに実感です。

職員室内にはほんの一瞬、立ち飲みでお茶を飲めるところはあるが、とても休憩室・休養室と言えるものではなく、
先生たちは休憩時間などほとんどなく子どもたちの指導に当たっている。
私はお茶・コーヒーを飲みをするが、一緒にお茶できる先生は1,2名

ソファのあるような休養室があればコーヒーを飲みながら、ゆったりとクラスの話、子どもの話など交流したり悩みを出し合ったりして学級実践にとても役に立つでしょうに。しいてはより良い学校づくにに繋がるでしょう。

学校現場は遅れています。新しい風よ吹け、です。
(私が30代だったころ、インスタントではないコーヒーを飲んだ時にコーヒーのにおいがするといって校長に叱られたことがありましけど、まさか今はそんなことはもうありません・・が・)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する