FC2ブログ

結だより

「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。

運動会が近づいて

DSC_0377.jpg

今の時期にダアーと咲く白い花、名前は忘れましたが、毎年こぼれ種から次々咲いて清楚な感じです。

今朝は体がだる重。というのも昨日は運動会の予行練習ということで、一日出勤でした。
子どもたちに付いて4時間、外での練習、、午後2時間は勉強。
もう一晩寝たぐらいでは疲れは取れないのです。(朝のウオーキングはかかしませんでしたが)

小学校では5月の運動会は定着しましたが、考えてみれば1、2年生にとってはハードなことでしょう。
入学・進学してからまだ1か月あまり、一日2、3時間の練習、行進やかけっこ。
何種類もの並び方を覚えたりじっと立っていたり。

少しづつ学習のしつけやスタイルができてきたときに体育づけになりそれが崩れかけます。
先生たちも大変です。家庭訪問が終わったと思ったら、十分準備の時間も取れないうちに一気に運動会。
一息つく間もないという所でしょうか。

先生の過重労働、「ブラック企業化」と言われるのも当然かもしれません。

「若い先生たちが、相談して退勤時間を偽って報告する」という話も聞きました。
正確に報告すると残業時間がオーバーし問題になるからです。
(こうまでしないと仕事をこなせないというじったいもあります、やってもやっても終わらない)

先生たちにこそゆったりとした時間が保障されてほしいと休憩をとるのもままならず動いている先生たちを見ていて思います。

「---ゆとり教育を目指すとして授業時間を増やし、今度は授業方式の転換を促す。世界上位のせいせきを求め、いじめや不登校への丁寧な対応を要請する。精神疾患で休職する先生は年間四千人に迫る。もはや先生の熱意や責任感に頼る精神主義では、教育現場の崩壊を招きかねない。そのしあ寄せをこうむるのは子どもたちなのだ。」
と新聞に書かれています。先生たちは朝早くから夜遅くまで働いています。働きすぎています。

ありがたいことに子どもたちとの関わりは楽しいことがいっぱい。
子どもたちは4時間の練習ではたいした疲れも見せず、給食を食べるとまたまた元気いっぱい。
なんと昨日の給食は残菜がまったくなし。子どもたちも私も初めての経験で、花丸を付けてあげました。
これは練習の成果でしょうか。子どもたちの元気さには驚きです。
そういう姿をみて先生たちは頑張れるのでしょうね。
スポンサーサイト
学習会 | Home | 田植えのつぶやき

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する