FC2ブログ
「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。
2017年10月24日 (火) | 編集 |
久しぶりのおひさまもすぐに曇り気味。
先週は雨に悩まされました。
悩まされながらも土曜日には3回目になった商店会のハロウィン祭りをしました。
やっぱりお客様は、まばら。無理もありませんけど。
チラシには「小雨決行」となっていましたが、小雨を超えていましたから。
1回目も2回目も雨でひやひやしたので今年は1週間早めに繰り上げたのに
秋雨前線と台風とあっては・・・
でも商店会唯一の若手、肉屋さんのりなちゃんが言うには、
ハロウィンには雨が似合うのだそうです。晴れるからいいというものでもないのだそうで、
へえ、若者はそんな風に考えるのかと感心。
頭の柔らかさが大事ですね。

今年も「お助け隊」のおじ様たちの力を得てテント設置など助かりました。
奥のテントの中に見えるのは私の手つくり「カボチャの馬車」
窓から顔を出して写真パチリのコーナーだったのですが、活かされず。来年まで取っておきたいものです。

PA210004.jpg
兄が市場で買ってきてくれたカボチャ。このイスはラブラブのイス。

PA210007.jpg

PA210009.jpg

PA210025.jpg

恒例となっただれでも出きる缶つみ大会は雨のため結で行いました。
決勝にはおじいちゃんと孫が残り、1位はおじいちゃん、2位は小学生の孫ちゃん。3位も小学生の女の子でした。

PA210027.jpg

PA210029.jpg
表彰式、中華の店の会長さんから豪華賞品をゲット。

kさんから借りたドレスをきてシンデレラのお母さんをやるつもりでしたが、惜しいことにドレスが入らず・・・
代わりに友達が着ました。バクダンともいうポン菓子作りもこわごわ練習してほぼマスターしたのですが、実演できずに終わりました。
PA210032.jpg

反省会ではお助け隊のおじ様方からいろいろとよい意見を頂戴し
雨でがっかりするどころか来年に向けて希望が湧いてきました。こちらは本物の「希望」です。
スポンサーサイト
2017年10月17日 (火) | 編集 |
DSC_0739.jpg

DSC_0731.jpg

結での「英語で遊ぼう」の教室は、口コミで、子どもたちが増えてきました。
子どもたちに英語を教えるということよりも、遊びながら楽しみながら英語にふれよう
こんな感じでやっていますので、子どもたちものびのびと楽しそうな様子です。
子どもたちの触れ合いも大切にしています。

現在は小学校で1年生から英語活動がはいっていて、高学年では教科、これからは中学年からも教科になっていくようです。

ところが、五十嵐仁さんのブログの中で「戦争で米兵と一緒に行動するする際に言葉が通じなければいけないから」という文をみつけぎょっとしました。
英語教育の狙いがそんなところにもあるとすればとんでもなく恐ろしく思います。

2017年10月10日 (火) | 編集 |
昨日は、恵比寿ガーデンホールまでクミココンサートに行きました。
丁度、文化祭が開かれていて、ホールまでの道なりには屋台やいろいろなブースがあって
和やかな雰囲気でした。
ショーや落書き?コーナーなど子どもたちが楽しめるスペースがあるのがいいです。

ebisu.jpg

クミコ

歌の他にもトークや衣装がいつも楽しいクミココンサートですが、
「祈り」「一本の鉛筆」を歌う時には
「戦争は絶対してはいけない、それができなくてなんのための政治家か」と。
真っ白なドレスは平和を象徴したのでしょうか。
「絶望という希望」という言葉には会場から拍手がわきました。
戦争や平和、政治についてトークする姿勢も好きです。
2017年10月09日 (月) | 編集 |
昨日は、二八同窓会。
28年生まれ、小・中の同窓会です。
地元に住んでいるものが万年幹事になって「そろそろやろうか」と
5年ぶり、4年ぶりなどに気まぐれに開いていますが、
60を過ぎてからは、どんどんやろうという声が多くなっています。
他県からもはるばる来てくれるひともあり。

EPSON040.jpg

に八

昼の12時から、二次会は場所を変えて夜の8時まで、延々8時間。
よく続きますね。

一次会の閉めは校歌。久しぶりに歌ってあれっと思ったのですが、
いまぞ起こさん国の幸 ああ勤労の歌楽し
という歌詞があるのですね。
実際に中学生の時にこの歌詞をうたったのか、記憶にはないのですが、
戦後、幸せな国を作って行こうということなのでしょうか。
勤労の歌楽しというのも意味が深そうですね。

いつだれがつくった校歌なのかちょっと知りたくなりました。

すみちゃん、つとむちゃん、としこちゃん・・・とちゃんづけで呼び合うのが自然で
すぐに昔に戻れるのがいいですね。

会は楽しく和やかに終わりまた会いましょうとさよならをしました。

幹事はみんな、人が楽しんだリ喜んだりすることがうれしいメンバー
だから長く続いているのかと思います。


2017年10月07日 (土) | 編集 |
昨晩は、結にて麦の会例会
強い雨の中、嵐のようにダーっとやってきて、しゃべりたいことをしゃべり、手づくりケーキをパクつき、にぎやかなこと。
kさんには、ハロウイン祭りでやるポン菓子(バクダンともいいます)の作り方を披露してもらう。(これは麦の会には関係なく、結の店でやる予定)
Kさんは現役の時、子どもたちと「米作り」について学習するときにこの「ポン菓子」の機会を自分で買ったのだそうです。
20万を超えます。ガスボンベも自分のもの。頭が下がります。

DSC_0722.jpg

DSC_0723.jpg

DSC_0725.jpg

例会の前半は夏休みにさかのぼって「あびっこ・学童訪問」について報告。
グループごとの実演です。今度はやってみたい・・と参考になること多いのです。
後半は、冬休みの取り組みについて相談。
冬は「命」にかかわる本を選らびます。何冊かの紹介があってここは静かみんな真剣です。
結局はグループごとに決めることになりました。

私のグループは「おかあさんがおかあさんになった日」に決定。
あとはもろもろを決めて皆さん元気に帰っていきました。

忘れ物が一つ。シイタケとナスの入った袋。(いつもAさんが100円で売ってくれる自家菜園の野菜ですが)