FC2ブログ

今日は地元で

DSC_0606.jpg

今年は畑にヒマワリの種をまいてみた。今がきれい時。
でもほとんどだれの目にもふれない場所。

今日で麦の会の夏休みの活動は終わり。
今日は地元の小学校の学童さん。
1年生から高学年まで30数名。

私たちの方は地元3人組だけなので出ずっぱり。カメラを構える間がなかった。

  歌、
  お話 「ちいちゃんのかげおくり」(手作り紙芝居)
  ゲーム「おべんと箱の歌」
  クイズ
  お話 「きょだいな きょだいな」(大型絵本)
  お楽しみ  紙でっぽう(新聞折込の広告で、手作り)

子どもたちは集中して聴いてくれる
クイズにものってくる
例えば3択で盛り上がる
  本当にある病名はどれでしょう。
    ① ドーナツ腹痛
    ② アイスクリーム頭痛
    ③ ポテトチップ肥満
こんなクイズを3人でさもさも私が正解ですという風にジエスチャーを作ってやるのです。
正解は②   ヤッターの歓声

紙でっぽうになると高学年の子たちも大きな音を鳴らそうと必死な様子。

今回学んだことは読み聞かせだけでなく、素朴な遊びがあると喜ぶということ・教え合うということ

プログラムが終了してさよならをするときに「また来てね」の言葉が一番のプレゼントですね。

新聞にアナウンサーの山根基世さんのインタビュー記事が出ていました。(保育園や幼稚園で朗読している)
その中に「・・・定年の少し前から、きちんとものを考える子どもを育てることが大事だと思うようになりました。・・・子どもは希望の光だ、子どもたちが幸せに生きられる世の中にしていかなければと思うようになりました。・・・」

かみしめたい言葉です。
麦の会の活動はどんなところを目指したいのか、またみんなでこれを考えるのもまたおもしろいです。

 
スポンサーサイト

子どもたちは元気印

学校巡りの2日目。
今日はどんな子たちがいるかなとわくわくする気持ち。
これも現役を離れているからのものでしょうか。
(今年10年目になるもと同僚の先生は、10年目研究、教員免許更新が重なって今年の夏休みはどこにも行く予定はありませんと言っていましたが、かわいそうなぐらいです。)

DSC_0590.jpg
今日の教室は2校ともスクリーンがあったので書画カメラを使って朗読しました。

DSC_0596.jpg
アライグマ・マントヒヒ・ヒトコブラクダ・ダックスフンド・振り付きのしりとりジャンケンゲーム

DSC_0597.jpg
ジャンケンゲームで勝った子は大喜び

DSC_0603.jpg
プレゼントした折り紙のカエルで遊びます。だんだん跳ばせるようになるとうれしそう。
どこでも子どもたちは元気印。初めは緊張していた子たちも終わりのころは打ち解けてそばに寄ってきます。また冬に来ますね。と言って別れてきました。

打ち上げ
麦の会ピーチ組のひとまずの反省会。
会場の広さや状況、子どもたちの雰囲気に応じて臨機応変に対応できるのも40年以上の経験の強みでしょうか。
 

麦の夏1

DSC_0574.jpg

01446024937.jpg

夏休み、今日と明日は麦の会の、学童・あびっこ回り
今年で3年間になりますが、とても楽しい活動です。
お土産は、カエルの折り紙と紙でっぽう。とても喜んでくれました。

DSC_0587.jpg

「へいわっていいね」の絵本は、せんそうはおそろしいのあたりから、
空気がシーンと変わっていくのがよんでいてわかりました。

DSC_0582.jpg

「ライフスタイル」の絵本は語り手と対話しながら、楽しく聞いてくれました。

DSC_0583.jpg

ゲームもたくさんして、いい1日でした。といっても1時間ぐらいですが。 

麦の夏

DSC_0568.jpg

カサブランカの甘ったるい香りが流れます。
百合の開花期間は、割と短いです。
花粉がくっつくとなかなか取れませんので気をつけて歩きます。

DSC_0565.jpg

麦の会の夏の取り組みが始まり、来週から学童や児童クラブ巡りが始まります。
結での練習も熱が入り、そして楽しく。
4月にクラス替えをした3グループに分けての活動です。

夏の共通のテーマは「平和・戦争」

麦・ピーチ組は「平和ってすてきだね」
麦・バナナ組は「8月6日」
麦・メロン組は「ドームがたり」」
プラス、もう1冊に 歌やゲームなど
今年はどの組もプロジェクターや書画カメラなどを使って工夫を凝らしています。

DSC_0556.jpg

楽しみですね。

今日は終業式。1学期最終日。
昨日新採の先生に会った時には、「ケンカなく終わりますように」と言っていました。
そうです。無事1日が終了しますように。
 

一応、夏休みに

DSC_0562.jpg

夏には百合の花が似合います・・・

なんて言ってられないくらい、連日の猛暑です。
人も生き物も植物もぐったりする日々です。

昨日は、今年22歳になる猫のたまちゃんの様子が変?
ということで、急いで病院に駆け込み、脱水症状などの手当てをしてもらいました。
「ここまで生きれば立派です。」と褒められましたが、
暑さや高齢なことを考えると覚悟は必要かと思いました。

先週で私の1学期の勤務は終わりました。
学校は1年中師走といった感じで
夏休みに入ってからも面談やら夏休み学習やら研修・出張などが次々続き
実質休みは10日ぐらい取れるのでしょうか。

私が若いころは出勤が1週間から10日ぐらいでしたから
全国で行われる民間研究会の夏の大会や合宿などに
いくつか行けたわけです。

今は随分違います。  
新採の先生の場合、初任者研修というのが何日もあって
さらに夏休みは短くなりますね。
以前出勤が多すぎて定められた有休がとれない、と困っている先生もいましたが。

とにかく夏休み
リフレッシュして、少しでも多く充電してと願うばかりです。

 

暑いさ到来

DSC_0554.jpg
真っ白な桔梗がいく分涼しさを感じさせてくれるとは言え、暑さ以上のむしむし感はたまりません。
十分気を付けないと熱中症になるというのがわかります。

EPSON034.jpg

日曜日は取手で「茨城県母親大会」があるというので参加。
分科会は「東海第2原発の問題を考える」に参加。
原発のある東海村は遠いところと思っていたら、とんでもない。
県は再稼働しようとしていますがもし事故がおきれば、
県民全体に関わることです。穏やかな生活がなくなるということです。
廃炉を目指す道が一番だとおもいますが。

午後のオープニングは、この日のために結成された100人を超える合唱団の歌声からスタート
体育館の中は900人をこえる人。暑さでむんむん。汗をかきながらの歌声でしたが、
「へいわってすてきだね」の歌は
何度きいてもいい歌です。
DSC_0551.jpg
「下流老人」を
書いた藤田孝典さんの講演では、今やますます、子ども・若者・高齢者に貧困と格差が広がっていることが話されました。
決して他人ごとではない話。私たちができることは何かという話では、ネットワーク、つながりの大切さが強調されました。


 

蓮見

DSC_0535.jpg

DSC_0541.jpg

DSC_0534.jpg

利根町に蓮の花が咲く公園があることはきいたことがありますが、
初めて行ってみました。
ほー、はーとため息が出るほどうっとり、可愛く清らかな感じです。
「蜘蛛の糸」にお釈迦様が蓮の花の池の周りを歩く場面がありますが、
これが極楽というのでしょうか。
しばらく楽しめます。


土曜の朝は結でのヨガ、
インストラクターのさゆりさんは、笑顔が絶えず、優しく丁寧な指導が好評で
参加者が増えてきているのは嬉しいこと。
教え子のお母さんと再会して驚いたり、つながる、つながる。
結のスタジオ(さゆりさんはそう言っています)は広くないので
10人も入るといっぱいです。
終わってからのお茶タイムが楽しい。もっぱら健康の話、

よが


夜は下北沢へ。やろう会の1期納会。
イタリア旅行の話、2期の計画。約40年よく続きますね。
DSC_0544.jpg

畳の部屋での勉強は学生のころを思い出しました。