結だより

「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。

Archive [2017年06月 ] 記事一覧

雨の日は、雨を聴く

庭が小さな森のようになってきた。(先のことなど考えずに植えこんだからと兄に言われたが)でも気に入っている。ここ2,3日朝方雨の音がする。耳を傾けると雨音にもいろいろある。パラパラ、ポタポタ、ポトポト、ザーザーetc今、朗読サークルでは「日日是好日」を習っていてその中に「雨の日は、雨を聴く」という章がある。  ヤツデの大きな葉は、パラパラと豆を挽き返すような音  椿の葉は、ぷるぷると小さく震えながら...

ほっこり

梅雨の晴れ間。カメや熱帯魚の水槽を掃除したり、草取りをしたり、いろいろと。はらペコあおむしは、りっぱな蝶になって飛び立ち(残念ながら飛び立つときは仕事で見れず)つばめは、ひながかえりチュンチュンとにぎやかです。親鳥は忙しいことでしょう。土曜日は、下北沢(実際には東北沢)での「やろう会」、この三月に定年となり、その後の再任用の仕事について報告がありました。通勤時間がかなり増えて大変なようですが、三田...

梅雨のはじまり

梅雨入り宣言があって初めての梅雨らしい天気。曇り空も弱い雨も時にはいいもの。心を落ち着かせてくれる。庭木や畑の水やりを気にしなくていい。これからの紫陽花もたのしみ。燕の巣のすぐ下にアゲハチョウのさなぎがいる。6月1日ちょっと家に戻った娘が目ざとく見つけたもの。その時は幼虫からさなぎになろうとしているときだった。燕に食べられないように  と心配していたが難を逃れ今日で2週間。頭をちょんちょんと撫でる...

生の話を聞くのはいい

ひめしゃら、次々に花が咲き始めました。燕が卵をあたためています。巣作りに来た時、どうしようかなと思いましたが、「ここの家は安心」と思ってきたのだろうと追い払うのはやめました。(猫のタマちゃんがうろうろすることもなくなったので、安全ともおもったのでしょう)ひながかえればにぎやかになるでしょう。昨日は9条学習会。利根町に住むTさんを呼んで「お話とスライド」Tさんは元厚生省に勤務され長い間、戦後処理の遺...

心一つに

旅の最後は、タオルミーナ。タオルミーナという街はリゾート地として有名だということです。6月になると世界中から多くの有名人が集まるそう。(もちろん初めて知ること)歴史は古く紀元前4世紀からの歴史があるそうです。敵から逃れるために山の上の方にうつっていったとか。ちょっと前にG7が開催されたということで町の中にはポスターが。安倍首相ちょっとポツン?なんといっても心に残ったのは、地中海クルーズ船長のアント...

ワクワク

どこの国でも子どもたちはかわいいですね。お祭りをやっていました。民族衣装に身を包んで、もう終わったのか、これから始まるのかわかりませんが、子どもたちははしゃいでいました。高校生ぐらいでしょうか。中学生?制服姿というのは一切見かけませんでしたからこれが通学服?街中の花屋もおしゃれな感じです。海岸沿いの木の枝にポプリのようなものがビンに入ってぶら下がっていました。こちらは日本からの若者。空と海の間で決...

たしかアグリジェント?

後からいつも思うのですが、この写真はいったいどこだったんだろう。メモしておけばよかった・・・と一瞬。それの繰り返し。娘の撮った写真はセンスの違いというか私とは視点が違っていて面白いです。旅の間行動的でエレガントなTさん。背景にすっかり溶け込んでいる感じです。同行したタクシーの中では、エンディングノートが話題になりました。信号一つとっても、絵になります。このポスターは何?馬車をモノトーンで写してもら...

働くイケメン

パレルモのバッラロ朝市見学いかにもイタリアという色娘は「働くイケメン」を撮るといってシャッターを押します。さすがカッコイイ小粒のカタツムリ  どんな味でしょうとにかく観てるだけで楽しい市場でした。...

シチリアへ

上手く休みが取れたこともあり、5月の後半からイタリアはシチリアの旅に参加し、真っ青に澄んだ空や海、シチリアワインをたっぷりと楽しんできました。幸いにうまく休みの取れた二女も一緒です。ツアーは15名、そのうち2人が男性、あとは女性13人(年齢を重ねた素敵な人たちばかりで刺激的)その中に娘と20代の若者。面白い取り合わせですが、学生時代の恩師M先生のつながりがつながりを呼んでのメンバーです。 私たち親子を...

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR