FC2ブログ

あん

昨日は結にて「あん」のDVD上映会をしました。

DSC_0331.jpg

EPSON029.jpg

プロジェクターの使い方を教えてもらいましたので、自力で映すことができました。
自分でできるというのはラクチンです。

「あん」はハンセン病そして一度罪を犯した人に対しての差別・偏見そして苦しみもがきながら乗り越えていくだろう姿を描いています。
強い口調で訴えてはいないけど、じわじわと響いてきます。「あん」づくりの場面も奥が深いです。

人間、心の中の深いところで「差別や偏見」の意識がすくっているのではないか。
自分の中にも。そんな気もしてきます。

福島の子に対してのいじめ、
自主避難をしている人を「自己責任」といった大臣。
最近続いている政治家の失言・暴言の数々にもよく表れています。

映画の中では高校生のたとえ誰であっても平等に真摯に向き合う姿に希望が見えました。

樹木希林扮する徳江さんの「わたしたちはこの世を見るために聞くために生まれてきた。
だとすれば何かになれなくても私たちは生きる意味があるのよ。」という言葉は、
ずっしりとした重みがありました。

あまり宣伝をしていないので、観に来てくれる人は多くないのですが、
続けることに意味がある  と気楽な気持ちで続けていこうと思っています。
自分で映せるようになったことだし。 
スポンサーサイト

素敵な居場所をたずねて

21日、九条の会の若手おかあさんと二人で、調布にある「クッキングハウス」というレストランに行ってきました。
「水野スウ」さんのお話会に参加するためです。

DSC_0325.jpg

スウさんは金沢に住んでいて、自宅で週1回「紅茶の時間」というおしゃべりカフェを長く開いています。
そして憲法の話をするために日本のあちこちに呼ばれて講演をされています。

この日はスウさんのピースウオーク  「自由を求めて」
本人曰くとても難しいテーマということでしたが、
語りがとても柔らかく分かりやすく、

何より憲法と一緒に生まれたという70歳。
しなやかな感じでいっぺんに人をひきつけます。(ゆるぎない毅然とした姿勢も)
娘さんと一緒のお話でした。


わたしはほかの誰とも取り換えがきかない 
わたしは、幸せを追い求めていい。
わたしはわたしを大切とおもっていい。
あなたもあなたを大切とおもっていい。
その大切さは行ったり来たり。でないと平和は成り立たない。これが第13条
(娘さんは自分が引きこもりになったこと、それを乗り越えさせてくれたのが13条であったことをかたってくれました。)

誰かさんじゃない、 この私がしなくちゃならないこと。
私たちの自由と権利
人任せにできない。
おかしいことにおかしいと声をあげること。  
不断の努力を日々、普段から。それが「12条する」こと

憲法がとても身近に感じられる話でした。
小さな嬉しいを見つける  という言葉もいいです。

憲法のことが、周りの人と当たり前に自然に話せるといいですね。

DSC_0328.jpg
 ( クッキングハウスのスタッフの皆さんが会の歌を聴かせてくれました。)

初めて訪ねたクッキングハウスは心を病む人が豊かに安心して暮らせるよう願って作られた居場所。
オープンして30年になるということです。
「平和とは、お互いが安心して、自分の気持ちが語れ、そして互いに聴き合えることなのだと思います。」と会報に書いてあります。その通りです。 

晴れて64歳に

今日は、娘たち(and長女の旦那様)が吉祥寺の人気のこじゃれたタイ料理の店で、誕生会をしてくれました。

DSC_0303.jpg

あっという間にアラカンを過ぎて64歳。この年齢がどういうものか?はよくわかりませんね。
気持ちは4,50代と変わらずにいるつもりでも、明るいところで鏡をみると「えっこんなにしわ・しみ?」
坂道や階段を上れば息切れがして来たり。

それも自然の成り行きでしょう。
元気に今日まで来れたことに感謝です。

プレゼントは帯締めでしたから、また着物を復活しないと・・・ナイスタイミング?
面白いことがこうやって増えていきます。

タイ料理はどれも美味しく、さすが吉祥寺です。田舎にはありませんからね。
最後のデザートだけ写真が取れました。

DSC_0306.jpg

食事後、近くの公園をぶらり散歩。
家族連れやカップル、池のボート乗りを楽しむ人たち、最後の桜を惜しむように宴会をする人たちがいっぱい。
娘曰く「平和だね」 平和そのものです。

DSC_0310.jpg

仕事の忙しさにかまけ、淋しい思いをさせてしまったことの多い子育てでしたが、
今自由に楽しんでいられるのも子どもたちのおかげ。感謝ですね。
ありがとう。です。



 

雨でも負けずに入学

 ゆったりと花見をした という気分はありませんが、それでもいつもの年よりは花見ができたという気がします。
ウオーキングしながら桜のトンネルがあるところを見つけました。ソメイヨシノにヤエザクラ。静かでここも穴場です。

家の桜はかろうじて花をつけましたが花数は昨年よりは多いと思います。

DSC_0285.jpg

DSC_0281.jpg

 今日は小学校の入学式。冷たい雨。せっかくの晴れの舞台にちょっととかわいそう。でも以外に子どもたちは元気で、神妙な顔をしたり、そわそわきょろきょろしていることでしょう。私は勤務日ではないので家で想像しているだけです。
 子どもたちは車に乗って帰ることはできないので、帰りが少々辛いかもしれません。でも最初に洗礼を受けてしまうと、明日からの登下校は多少楽に感じるかもしれません。

 これからの教育、新学習指導要領。教育勅語をあつかってもいい・・とか中学校の保健体育では柔剣道が選択種目になるとか・・
どんな方向を目指すのか、とっても気になります。
1年生の担任になったN先生は白のスーツを着られたでしょうか。ピカピカの1年生にどんな話をしたのでしょうか。そろそろ式がおわるころ?

 

春スタート

DSC_0272.jpg

四月から今までと同様、「初任者指導」という仕事を続けることができ、ほっとしたところです。
3月、かなり遅くなっても連絡がなかったので半ばあきらめていたのですが、ぎりぎりお話が来ました。

市内では2番目に古い学校です。始業式に訪ねると立派な桜が咲いていました。
初任者のフレッシュな先生はワクワク・ドキドキでしょうが、それと変わらずにこちらもわくわく・ドキドキなものがあります。
同じフレッシュでも前年度までの経験のちがいによって私の対応も変わります。(それがまた面白いともいえます。)
これから1年間、寄り添い、一緒に考え進むということになります。
とにかく1年後、「子どもたちはかわいいな、先生になってよかったな」と思えればよし。です。


昨日夜は「麦の会」
今年度の計画を立てました。メンバーは、小学校・保育園の元先生(現役、再任用もいますが、)なので、遊び心もあって、
学級編成(グループ決め)・学級委員・係決めなどしました。そして今年の夏に取り組む絵本について話し合いましたが、決定は次回にもちこし。緩やかにみんなの意見を大切にして進む会です。

DSC_0276.jpg

DSC_0275.jpg

そして今日は結でのヨガ
インストラクターのさゆりさんには「すごーい、柔らかくなりましたね。」とほめていただきました。石の上にも3年、自分でも実感します。さゆりさんがしているのは、左右の足の指を交互に組むというもの、私はとてもとても、及びもつかない。大体そんな動きがあるなんてことも想像つきませんから。でも日々訓練すればできるようになるのだそうです。神経が繋がっていくのだそうです。ほめられついでにこれから頑張ろうと思います。
DSC_0279.jpg

DSC_0160.jpg

 

ドラマづく

今日のウオーキングは桜巡り。

DSC_0264.jpg

DSC_0262.jpg

町一番の(私が思っている)桜、母校中学校の桜。
今は中学校は移転して日本語を教える学校になっています。
戦前からか戦後からかわかりませんが、立派なものです。

穴場で人はあまりいませんが、外国から来ている若者が桜を見て
日本を感じ取ってくれればうれしいものです。

最近うれしい事。稀勢の里の優勝に続いて朝ドラの舞台が茨城なこと
やがては東京になるのでしょうが、茨城訛りがなんともいい感じ。
「うだっぺ、ごじゃっぺ、」とか、語尾が上がるのがまさしく茨城という感じ。

私の家の周りは他県からの移住の人が多いのであまり耳にすることはなくなりました。
改めて聞くと結構耳障りがよく優しい響きです。
ウオーキングの道々、たえちゃんとは茨城なまりを意識して話しながら歩きましたが、つい笑っちゃいます。

「お国言葉でおしゃべりする」っていいかもしれません。

朝ドラ「ひよっこ」はこれからますます豪華キャストが登場し毎日が楽しみです。
木村佳乃さんがきれいすぎる感じがしますが、それもありです。
桑田佳祐さんのさわやかな曲が朝から流れて、明るい気分にしてくれるのもいい。

もう一つ新昼ドラ、倉本聰の「やすらぎの郷」も大人の上質なドラマという感じで期待大です。
超豪華キャストが、昼に登場するなんて驚きです。
 

春は出会い。いろいろ

昨日は町の「さくらまつり」
前日の寒さも和らいで、お出かけ気分になりました。
6回目の祭りですが、行ってみたのは初めて。
ステージショウというのがあっていろいろなグループが出演していました。

DSC_0253.jpg

隣の市の高校の吹奏楽は親しみのある「昭和の歌」をたくさん聴かせてくれ好評でした。
若い人たちは場を明るくしますね。気遣って昭和の歌を選んでくれたのでしょうか。

外では、行きつけの酒屋「タカツヤ」さんが出店していました。
早速コップ酒。桜は咲いていないけど、桜の木の下で呑む酒。
美味しいですね。昼からほろ酔い、いいものです。

DSC_0256.jpg

DSC_0260.jpg


前のテーブルを見ると、見覚えのある顔。
思い切って声をかけてみました。
以前(10年ぐらい前?)  伊豆に笠木透さんのコンサートを聴きに行ったときに
出会った方でした。同じ町。
ボランティア活動もいろいろされているようで、これからのつながりが、楽しみです。面白いものですね。
4月は出会いの季節です。
 

4月は出会いの季節

4月初日の夜は、やろう会。
ニュージーランドから帰国しているシオちゃんの歓迎会をいつもの店で。
シオちゃんはいつもと変わらず、笑顔一杯。と思っていたところ、
昨年の地震で今は避難生活をしているとのこと。
経営していたモ-テルの裏山が崩れそうだということで
避難勧告が出され、今は知り合いのところで生活をしているということでした。
全く何もわからずに、変わりはないものと思い込んでいて、本当に申し訳ありません。
そんな苦労をちっとも思わせないシオちゃんの笑顔・明るさでした。

DSC_0247.jpg

Mさんはめでたく昨日定年退職。今までのことを思ってか、ほろり涙をながす場面も。

DSC_0252.jpg

久々の村本節。レスリングを語れば熱い、熱い。

DSC_0239.jpg

いろいろな出会い。ここだからこそ出会った人とのつながりを大切にしたいものです。



 

いいことはあるもの

今日から4月というのにあまりの寒さ、雨もぱらついています。
町では」さくらまつり」が開催されてますが、さくらは咲いているのでしょうか。1分咲きぐらいでしょうか。
明日もあるので、明日出かけることにしましょう。

絵画展

野村先生

町ではけっこういろいろなイベントが開かれているのですね。
3月には「町民絵画展」というのがあることを初めて知りました。もう5回目というのに。
知り合いからいただいたチラシを見ると、
なんと大変懐かしい先生のお写真が。
中学生の時に美術の先生だった野村先生です。(当時はなか先生といいました)
とてもおしゃれで、白や緑のスーツなど毎日洋服が変わり今日はどんな服を着てくるのか生徒たちの楽しみでした。
みんなで「七面鳥」とあだ名をつけてこそっと呼んでいました。
授業は楽しく話題が豊富、弥勒菩薩の話をなぜかいまでも覚えています。「アルカイクスマイル」と呼ばれる微笑も。

先生に会うのは48年?ぶり、こんな縁があるんだなあとうれしくなって、日本画講座にさっそく申し込みました。
先生はお元気そうで80歳を超えるのに話は昔と変わらずおもしろく、もっともっと聞いていたいぐらいでした。
残念ながら第2講座の製作の時間は都合が悪く参加できなかったのですが、お会いできただけでも幸せな時間でした。
もし機会があるのでしたら、ゆっくりとあの頃の話などに花を咲かせてみたいものです。