FC2ブログ
「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。
2016年05月21日 (土) | 編集 |
今日は、運動会。
運動会の花形ともいえた組体操が今年から危険なためということでやることができなくなりました。(全国的に見て事故がおおいということでしょう。)
トップダウン、そして急なお達し。高学年担当の先生たちははじめ戸惑いもあり、ではそれに代わるものをどうするかだいぶ知恵を出し合いました。それが功をそうして、勤務する学校では、民舞「御神楽」と一人技やマスゲーム的なものをコラボして、新鮮な感覚でめりはりのある美しい演技が出来上がりました。扇を活かした動きが素敵。
私はといえば、20年ぐらい前、御神楽を踊っていたということで、子どもたちに教えることになったわけですが、なにしろ20年前ですから覚えているか、心配でしたが、若い時に覚えたことって忘れていないのですね。タイコのリズムを聴くと自然に体が動き出して、自分でもびっくり。腰やひざも痛くならないのです。
おかげで子どもたちと楽しく幸せな時間を過ごすことができました。

短い時間で子どもたちはよく覚えるものです。
子どもたちの真剣な顔、気合の入った先生たちの姿に感動をもらいました。


DSCN2877.jpg

DSCN2870.jpg

スポンサーサイト
2016年05月19日 (木) | 編集 |
先週後半から北海道の旅に。
誘ってくれたのは、20年ほど前の小学校で働いていた時の隣の隣のクラスの子のお母さん。私が担任ではなかったのですが、学習会などに積極的に参加され、馬が合うというか、長い付き合いになります。そのSさんつながりの4人です。(不思議なつながり)

美瑛みんな

2人は介護福祉の仕事、1人は保育関係の仕事。自分とは違う仕事の話を聞かせてもらうのはとても勉強になります。特に介護の仕事は驚くことばかり。いかに老人介護の仕事が厳しい現実であるかがわかります。
Sさんの口癖は 「しあわせー」  106回はつぶやいたという4人の旅でした。

登別  小樽  美瑛  富良野
特に美瑛の美しさは、目を見張るものでした。イタリアのトスカーナと似ていると感じましたが、背景に雪の山が連なるところはここでしか観られないものかもしれません。
美瑛2

美瑛1

美瑛水芭蕉

美瑛3

青い池

白樺の道
白樺の路
rabennda-3.jpg


2016年05月11日 (水) | 編集 |
160505_154913.jpg

山法師。
今年は、冬場に肥料をあげたせいでしょうか。例年になく花が大きく感じます。それに早く咲いたような。
清涼感のある花です。
 夏の暑い日、小学校の校庭わきに濃い緑の葉のあいだに白い花が咲いていました。眺めているだけで一時は暑さを忘れさせてくれました。この時はまだ花の名前は知りませんでしたが。

小学校といえば、週に一度、数人の子どもたちが宿題をやりに来ます。
3年生のH君、昨日は元気のない顔をして「死にたい死にたい」の連発。
彼にとっては宿題の量が多すぎ、こなせないようなのです。
(きっとためこんだのもあるのでしょう。家庭の環境を考えれば無理もないのです)
いいよやれるだけやれば   といっても
やっていかないとおこられる、ぼくおこられるのはきらいだ   といって頑張るのですが、
とても追いつくものではありません。しまいに  明日熱が出ないかな。どうしたら熱が出るかな。

H君とは1年生からの付き合いですが、とても利発で好奇心がつよく何でもやりたがる性格。
きっと乗り越えていっってくれると思いますが、こんな言葉を言わせてしまうことが切ないですね。子どもたちの学力不足がさわがれ、全国統一の学力テストが始まり、平均点が上がった下がった、県の順位が上がった下がったと一喜一憂させられている中で、本当の学びが遠ざかっているような気がしてなりません。同じ問題を3回も4回もひたすら、繰り返し(確かに定着する力はあるでしょうが)楽しい学びからは離れていくような気がしています。
 6人に1人が貧困家庭であるといわれる今、子どもたちを丸ごととらえ子どもたち一人一人に寄り添った指導が必要と思いますが、あまりに現場の先生は多忙で、人も予算も少ないのです。
H君は今日は元気に登校したでしょうか。気持ちの切り替えの上手なH君ですからきっと大丈夫と思います。

2016年05月04日 (水) | 編集 |
憲法集会

昨日、憲法記念日は柏での憲法集会へ。
会場は、1階2階3階すべて満席。主催者側が準備した資料が足りなくなるほどで、現在の日本の状況が要求しているということでした。
講演者は、浜矩子さん。
アホノミクスとは浜さんが広めた言葉ですが、今それでは足りなくてド・アホノミクス
憲法が施行されて69年目になりますが、
あたかもこの時代の到来を待っていたかのような日本国憲法
今が旬
浜さんの話はいつ聞いても胸がスカっとします。

憲法を読むことがますます面白くなります。というより生活の中でもっと身近に憲法を感じるようになることが大切だと思います。

4月再任用の職場が変わって、すぐのこと。教頭さんが宣誓書にサインしてくださいというのでなんの宣誓かとおもえば、
「日本国憲法を尊重して○○○」というもの、昔一度ぐらいサインしたような記憶がありますが、改めて公務員というものは憲法を守る義務があるんだと思ったしだい。、でもなぜ今年に?それとも今までも毎年するべきものがスルーされていたのでしょうか。
どちらにしてもとても新鮮な気持ちがしたのは確かです。
2016年05月02日 (月) | 編集 |
あさみちゃんの結婚


160430_172916.jpg


久しぶりに結婚式に招待され、心温まるひと時を過ごしました。
本当に久しぶりなので、今どきの結婚式ってこうなの?と驚くことも。
花嫁は元同僚で、彼女が新規採用で入ってきたとき同学年を組んだ仲ですが、
明るく大きな声でよく笑い、涙もろく、いつでも本気で子どもたちと向き合っていました。
神父さんに「誓いますか」と問われると「はい、誓います」ととても元気なお返事でした。花丸
結婚に至るまで紆余曲折あったようですが、とにかく乾杯です。

二人は招待した方々に笑っていただきたいと、あちらこちらに工夫を凝らしていました。
座席表は、「校長室」「保健室」「職員室」「1年1組」「図書室」・・・「放送係」・・・
 
二部は、軽快な音楽に乗って、新郎新婦サングラスをかけて踊りながらの入場。

ウエディングケーキにのったイチゴの一つ一つに顔がかいてあり、これは生徒たちなのだそうです。
かわいらしいキャンドルが一人一人にプレゼントされ、炎を消すと蓋のところにそれぞれ違ったメッセージが浮かび上がるというサプライズ。
さすがあさみちゃん、そして彼。笑わせたり、泣かせたり、幸せのおすそ分けをしてもらったような温かい結婚式でした。
これからも、お幸せに。そしてますます素敵な先生になってください。