FC2ブログ

結だより

「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。

芸術の秋ですから

150929_122842.jpg


自転車を漕いでいるとあちこちから金木犀の香りが漂ってきます。
日差しもうららかで。
それに反してこの9月の学校現場のなんと多忙であったこと。多忙に見えたこと。(私が忙しいわけではないので。)超が付く感じ
夏休みの作品展から始まり、遠足、一日学習参観日、研究会、、学校祭りなどなど。それらはどれも事前の細かな準備や事後の報告、まとめなど必要ですからさらに仕事量が増えます。何か事が起きれば、調査やアンケートなどこれもかなり手をわずらわすものとなります。職員会議を含めて連日のように続く各種会議、そのうえ朝や放課後の部活動(これは正規の教育活動ではないのですが)今や、小学校でも土曜日などの部活も珍しくありません。これは1校に限らずほぼどの学校も同じでしょう。
書いてるだけでため息が出そうです。私が今、新採だったらこのスピードにはとてもついていけないなあ。

 「先生が壊れていく」という本を読んでいますが、他の職種に比べてく教師のストレスはもとより高い・・・と書いてあります。
そして学校現場の厳しさも今後ますます厳しさを増すとも。

子どもたちが好きで、子どもたちとの関わりが楽しくて、教師になった人たちにはいつまでもその気持ちを失ってほしくないものです。芸術の秋、よい映画をみたり、よい音楽を聴いたり、絵を鑑賞したり、そんな時間を作ってほしいと切に願います。
それが教師としてもってほしい豊かさにつながるとおもいますから。

スポンサーサイト

秋いろいろ

150921_115024.jpg

連休を使って大島にいってきました。
日ごろほとんど連絡を取り合わない息子やたまあに戻ってきて水槽を掃除していく娘もやってきて
ダイビングに付き合ってくれるのですが、私のほうが体力はありそうなのに、娘は、
「そんなところで転んだら海におちちゃうから・・・」などど何かと気を遣ってくれますが。
喜んでいいものか、淋しいものなのか。

150922_131535.jpg

家に帰ると秋明菊が咲いていました。
飾らない雰囲気が好きですね。
そしてなんと驚いたことに狭い庭なのに、もみじの木にハトが巣を作っていたのです。
うちのほうからはわからないのですが、隣からはよく見えるようです。
そのうえ親バトは巣の中でじっとしているので卵を温めている様子。
どうしたものか、わからないでいると隣の奥さん曰く「ハトはピースというからね。」
ということでそのまま様子を見届けることにしたのですが・・・
今は葉にかくれてよくは見えませんが11月ごろには葉も落ちて巣は丸見え、
そのあとどうなるのでしょう。
鳥には詳しい兄に聞いてみるしかない。


つながり

150915_081140.jpg

 今頃の季節になると庭の片隅のほうに咲いている花。名前は忘れてしまいましたが、ぼやぼやしていると咲いているのも気が付かず、咲き終わるころに気が付いたり。いけません、いけません。

 「オニさん、大丈夫?」
 (オニさんは学生の頃のあだな) 茨城ということで学生時代の友人たちから気遣いの電話をもらいました。
私のところは被害はありませんでしたが、近くで大きな災害、被害が起きていることに胸が痛みます。

 阿蘇山の噴火。つい5日前に学生時代からの友人を訪ねて熊本へ行ったばかりでした。
病院の屋上からは、阿蘇山やそれに連なる山々が見え、阿蘇山からは白い煙が見えました。
 友人は依然と変わらず、優しい目をし、穏やかに話をしてくれました。

150911_113926.jpg

  熊本駅は表向きとてもシンプル。でも中は、白い立派な柱に支えられ、さすが熊本!

150915_100646.jpg

空港で熊本の酒を買おうと思って探していたら、お店の人に「熊本は焼酎が有名ですね。においは結構きついけど、
これは、日本酒のようなさっぱり感のある焼酎」とすすめられ、くまもんのラベルも可愛かったので買いました。
飲みやすくってぐいぐいいっちゃいました。
熊本といえば、肥後、肥後の女、火の国。
学生のころ、学校の近くに「火の国」という店があってときどき飲みに行きましたね。
そこにはジュークボックスがデーンと置いてあって歌ったり、飲んだりと。
カラオケとはまた違ったレトロな味わいのあるものでした。
 

秋のおとづれというのに

150909_115235.jpg

 杜鵑草(ホトトギス)の花が咲いています。植えた覚えはないので、鳥が種を落としていったのでしょう。
杜鵑の鳥のほうは「啼いて血を吐くほととぎす」といわれるように、真っ赤な口の奥を見せて泣き続けるとありますが、
花のほうは穏やかにつつましく咲いています。
 秋を表す季語だそうですが、この秋のスタートは、雨続き、それも大雨だったりしますからひどいものです。
小学校は、遠足シーズン。以前は雨の場合遠足を延期できたのですが、今はできません。バス会社の関係でしょうか。
今日も雨の中、1年生が大洗水族館へ行ったとか。晴れれば砂浜で遊んだりするのでしょうが、
初めての遠足ちょっとかわいそうな気がします。いまいましい雨です。
 そうそう今は遠足と言わないので「校外学習」
 遠足というほうが味がありますね。ワクワク感が伝わってくる感じで。
さわやかな秋らしい天気はいつのことでしょう。

なんでも面白く・・・

自転車を走らせていたら、田んぼからは、稲刈りのにおいが。
知り合いの農家の友達が、9月に入ってから雨つづきで稲刈りができないとぼやいていましたから、
昨日・今日あたりは絶好の稲刈り日かもしれません。

一昨日は50日ぶりの出勤日。校内の階段を上ったり下りたり何往復もしていたら疲れること、疲れること。
それでも子どもたちとの久しぶりの出会いは楽しくこちらのほうが後押しされる感じです。


150905_133222.jpg

誰かがやってくれるのを待つのでなく「自分でやればいいんだ」と思いついたのが「朗読カフェ」
紙芝居もすることにしました。心強い味方のケイさんが「お菓子は昔懐かしい駄菓子にしよう」というので
今度買いに行くわけですが、昔、子どものころ不動様の広場ににやってきた紙芝居やさんでは、水あめやソースせんべいが定番でした。水あめにはわりばしが2本ついていて、くるくるまわすと柔らかくなってぺろぺろぺろぺろ
5円ぐらいだったでしょうか。拍子木の音が聞こえるとおこづかいをもって一目散にいった記憶があります。
子どもたちの社交の場でしたね。

まずは一歩

先日、結にてDVDの上映会をしました。

150823_135436.jpg


「生きていたよかった」という原爆投下後の広島・長崎の記録、ドキュメンタリー
知り合いの先生にお願いして映してもらいました。
白い壁がスクリーン替わり。
正直言って内心は、「ちゃんと最後まで映りますように・・・」という感じ
何しろ結にてはじめてのことなので余計な心配などしてしまうというものです。
(もちろん余計な心配でしたが。)

あとからいつも結を応援してくれているkさんから、
見て終わり、 じゃなくてせっかく集まったのだから、
お茶をのんで感想を言ったりおしゃべりをする時間を作ればよかったのに。
というご指摘をいただきました。
ほんとにそうですね。その通りです。結はつながりの場でもあるのですから。
反省しました。

初心者としてはやれるというのが分かっただけでも十分よかったです。