結だより

「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。

Archive [2015年09月 ] 記事一覧

芸術の秋ですから

自転車を漕いでいるとあちこちから金木犀の香りが漂ってきます。日差しもうららかで。それに反してこの9月の学校現場のなんと多忙であったこと。多忙に見えたこと。(私が忙しいわけではないので。)超が付く感じ夏休みの作品展から始まり、遠足、一日学習参観日、研究会、、学校祭りなどなど。それらはどれも事前の細かな準備や事後の報告、まとめなど必要ですからさらに仕事量が増えます。何か事が起きれば、調査やアンケートな...

秋いろいろ

連休を使って大島にいってきました。日ごろほとんど連絡を取り合わない息子やたまあに戻ってきて水槽を掃除していく娘もやってきてダイビングに付き合ってくれるのですが、私のほうが体力はありそうなのに、娘は、「そんなところで転んだら海におちちゃうから・・・」などど何かと気を遣ってくれますが。喜んでいいものか、淋しいものなのか。家に帰ると秋明菊が咲いていました。飾らない雰囲気が好きですね。そしてなんと驚いたこ...

つながり

 今頃の季節になると庭の片隅のほうに咲いている花。名前は忘れてしまいましたが、ぼやぼやしていると咲いているのも気が付かず、咲き終わるころに気が付いたり。いけません、いけません。 「オニさん、大丈夫?」 (オニさんは学生の頃のあだな) 茨城ということで学生時代の友人たちから気遣いの電話をもらいました。私のところは被害はありませんでしたが、近くで大きな災害、被害が起きていることに胸が痛みます。 阿蘇山...

秋のおとづれというのに

 杜鵑草(ホトトギス)の花が咲いています。植えた覚えはないので、鳥が種を落としていったのでしょう。杜鵑の鳥のほうは「啼いて血を吐くほととぎす」といわれるように、真っ赤な口の奥を見せて泣き続けるとありますが、花のほうは穏やかにつつましく咲いています。 秋を表す季語だそうですが、この秋のスタートは、雨続き、それも大雨だったりしますからひどいものです。小学校は、遠足シーズン。以前は雨の場合遠足を延期でき...

なんでも面白く・・・

自転車を走らせていたら、田んぼからは、稲刈りのにおいが。知り合いの農家の友達が、9月に入ってから雨つづきで稲刈りができないとぼやいていましたから、昨日・今日あたりは絶好の稲刈り日かもしれません。一昨日は50日ぶりの出勤日。校内の階段を上ったり下りたり何往復もしていたら疲れること、疲れること。それでも子どもたちとの久しぶりの出会いは楽しくこちらのほうが後押しされる感じです。誰かがやってくれるのを待つ...

まずは一歩

先日、結にてDVDの上映会をしました。「生きていたよかった」という原爆投下後の広島・長崎の記録、ドキュメンタリー知り合いの先生にお願いして映してもらいました。白い壁がスクリーン替わり。正直言って内心は、「ちゃんと最後まで映りますように・・・」という感じ何しろ結にてはじめてのことなので余計な心配などしてしまうというものです。(もちろん余計な心配でしたが。)あとからいつも結を応援してくれているkさんから、...

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR