結だより

「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。

Archive [2015年04月 ] 記事一覧

牡丹とたまちゃん

 牡丹は「百花の王」と言われるそうですが、今年も美しく咲き始めました。といっても咲いている時期は意外と短く、ちょっと強い風が吹くともう散っていたりしてがっかりします。  この牡丹は先代の猫が、死んでしまった時に娘と苗を買ってきて追悼の記念に植えたもの。根元には猫ちゃんを埋葬しました。かなり前の話です。 三代目の「たまちゃん」は長生きです。娘が小学3年か、4年生の時に近所から拾ってきた猫。今年20歳...

手をかければ

 今年は、花水木がたくさん花をつけました。それもそのはず、昨年あまりに寂しい花だったので、隣の方に教えてもらい消毒をしたり冬の間にたっぷりと肥料をやったりしたからだと思います。花水木はこうでなくちゃ。植物は正直で手をかけた分だけ育ちます。ほっておけばいつの間にか枯れたり、消えていたり。肥料や水をあげすぎてもだめ。 花水木は1912年、当時の東京市が、ワシントンに桜を贈ったお返しに、この花をもらった...

いろいろ続く

黄花カタクリ「よく今年も来てくれた」という気持ちにさせてくれる花。毎年一輪だけさいているのでとても凛々しく思われます。カタクリは、七年するともう一輪増えるようですから(地下茎でも増えるようですが、)後二年ぐらいするとかわいい子どもを連れてきてくれるかな。17日は「初めての授業参観」(私ではありません。初任者の先生)心のなかでは、ドキドキだったでしょうが、笑顔いっぱい、子どもたちの声にもよく耳を傾け...

思いつなげて

  フォーク好きの仲間と笠木さんの歌を歌おうということになって、先週数人で練習しました。ギター3人、アコーディオンはプロ並みのみどりさん、私はせいぜいタンバリンにリコーダー (これもなかなかいい味・・・) みんなの感想は、いい歌がいっぱいあるね。知らない歌もたくさんあるね。背景が写せるといいね。など話は広がります。「軟弱者 」 という歌、題名と違ってなかなかの骨太の歌です。 「オレンジペコ」のマス...

菊地コロッケ屋さん

 昨日とは打って変わって良いお天気。今日は小学校の入学式。晴れの天気にお父さん、お母さんホッとしたことでしょう。式を終えた後の子どもたちのウキウキ(うかれ)ぶりと、期待とちょっと不安そうなお母さんたちの姿が目に浮かびます。(私は今日はおやすみ)小学校の思い出といえば、 子どもの時小学校の目の前にあった「菊地コロッケ屋さん」もう50ねんは過ぎたようです。当時は一斗缶のようなものでジャガイモを蒸してい...

高く泳げや

 先日、友人の家に寄った際に、眼の前の空き地にゆうゆうと鯉のぼりが泳いでいました。地域の方々で揚げたものだそうです。青い空と白い雲にぴったりと合っています。以前は農家の庭などには大きな鯉のぼりが泳いでいるのをよく見かけましたが、最近はとんと見かけなくなりました。心の余裕が無くなったのか、あげる風習が弱くなったのか、それより子どもがいなくなったということでしょうか、だからこそ、地域の方たちで子どもた...

笠木透さんの意志よ永遠に

 昨年12月に逝ってしまわれた笠木透さんのお別れコンサートが行われると言うので岐阜の中津川まで。 「明るく楽しく」が主催者側の意向ということで、三時間半に及ぶコンサートは、笠木さんの思い出を語りながらの明るく楽しくそして暖かい会になりました。(主催者代表は始め泣かれてしまいましたが) 北は北海道から南は種子島までの参加で、会場は満席。立ち見(聴)や通路に腰掛ける人も多くいました。40年あまりの中で、「...

桜を楽しむ

 四月も三日になりました。四月一日のことを四月朔日(わたぬき)というそうです。昔は、四月一日にそれまで着ていた綿入れの着物のわたを抜きました。そこから四月朔日(わたぬき)というようになったのだそうです。 夢を膨らませるなら、四月朔日、綿の代わりに夢をまといましょう。と本の中には書いてあります。そして職場には夢を膨らませたフレッシュな皆さんが入り、新しい風を吹かせてくれることでしょう。 町もしゃれた...

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR