「結」には、「はなれているものをつなぎとめる」という意味があります。どうか人と人をつなぐための小さくても豊かな場所・力になれますように。
160808_163224.jpg

ミンミンゼミの鳴き声がツクツクボウシに代わり、夜はリンリン、ジージーと虫の声がにぎやかになってきました。
明日は30度の夏日復活のようであるが、秋の気配はしっかりやってきています。
つくつくぼうしの鳴き声は「つくつくぼうし」と思い込んで聞くとそうとしか聞こえないが、昔の人は「美し、佳し(うつくしよし)」、「つくづく惜し」「つくづく憂し」などと聞いてきたよう・・・単なる鳴き声も昔の人は言葉として聞いたのですね。
と本に書いてあります。

また、
日本人は虫の鳴き声を左脳で聞く数少ない民族だそうで、右脳だけしか使わなければただの物音や雑音としか聞こえない鳴き声を日本人は「虫の声」として言葉として聞いている、右脳で感じた音を左脳で翻訳し、また、右脳で感じるという作業をくり返す、
それは、相手の言った言葉から、その気持ちを汲み取る作業にている・・・とも書いてあります。

虫たちの声からどんな言葉がきこえるか、メッセージを汲み取るか、
リーンリーンはリーンリーンにしか聞こえてこないのですが、
そんなことを考えるのも、秋のおもしろさかもしれません。

9月1日、2学期スタートですが、子どもたちは元気に登校してくるでしょうか。
子どもたちの自殺が一番多いのが1日と今日のニュースでも言われていましたから、担任でなくても心配にもなります。



スポンサーサイト

【2016/08/30 20:06】 | 未分類
|
160828_124602.jpg

今日は8月(夏休み)最後の日曜日、
結にて、「母と暮らせば」(山田洋次監督)のDVD鑑賞会を行いました。

長崎の原爆で一瞬にして命を落とした息子(二宮和也)と母(吉永小百合)の愛の物語です。
医者になって多くの人を助けたかったであろう、恋をして幸せな暮らしをしたかったであろう、母と楽しくおしゃべりして暮らしたかっただろう、
叶うことなく死んだ息子
今こうしてある「平和」は生きたくても生きられなかったたくさんの命の上にあるということを、刻まないといけません。

この夏はオリンピックがあったということでか、平和や戦争を扱った番組が少なかったように感じます。

結では夏こそは「平和を願う」企画を続けていきたいと思います。

エンデイングに「井上ひさしさんに捧ぐ」とありました。
井上ひさしさんありがとうございました。

【2016/08/28 17:41】 | 未分類
|
台風上陸、というより頭の上を進んでいっているという感じ。あと2時間もすれば少し静かになるのでしょうか。
おかげで部屋にとじこもり。

昨日は、柏麦わら帽子の会の自主公演を観にいく。
今回はホールなどと違って、国指定重要文化財「旧吉田家住宅歴史公園内・主屋」での開催。
とても趣があって、時代がタイムスリップしたような気になる。
公演中も外から、セミの声や話し声が聞こえてきたりして、広島に原爆が落とされた時の情景と重なる。

麦わら帽子

主屋の中の土間が舞台。
160821_140735.jpg

別な棟にはパネルの展示。みんな手作り。
160821_140906.jpg

この会は、戦争や原爆を体験された人々の思いを風化させてはいけないと広島二中の生徒たちの記録を朗読劇にして、20年以上活動を続けているが、若い学生さんたちも加わり、長く続けていることが素晴らしい。すごく暑かったが、暑さを忘れるほど圧倒されました。
終わってから公園内にある喫茶店で名物のかき氷を食べました。黒蜜・きなこ・アイスクリームそれに醤油がかかっているというものでしたが、美味でした。


【2016/08/22 17:14】 | 未分類
|
160815_140158.jpg

台風一過・ 後のさわやかさは来ず、じっとしているのがつらいぐらいの超むしむし感。
そんな中、涼しげに実を着けているのが「風船かずら」です。
風にゆれる様はかわいらしくいいものです。
花は数ミリの小さい小さい白い花。見落としそうです。

前の職場の用務員さんから苗をいただき、こぼれ種から育っています。
以外にたくましく蔓はぐんぐん上に伸びていきます。
やがて種ができるとこれがハート模様でまたまたかわいらしいこと。
それも楽しみの一つ。

毎年夏の終わりにやるサークル仲間内での朗読会
今年は「お母さんの木」に決めました。
(昨年は、鈴木京香さんがお母さん役の映画がありました。)
母さんの木

もうかなり前になりますが、小学校5年生の国語の教科書に載っていました。
若いころですが、読みながら涙が出てきて子どもたちに背中を向けたりしたものです。

当時はどの学年の教科書にも戦争・平和教材が組まれていましたが、
今は4年生の「一つの花」。6年生の「川とノリオ」ぐらいでしょうか。
それも時間をかけては教えられなくなっているみたいです。

教科書から戦争教材がなくなってきたのはかなり意図的な感じがします。
だからこその取り組みが必要と感じています。

【2016/08/18 12:20】 | 未分類
|
紫紺野ぼたんもそろそろ終わりです。

160804_121210.jpg

今年は大きくなって、たくさん花を咲かせました。
花屋で買ってきたものの、冬の日の夜、うっかり屋内に入れるのを忘れてダメにしてしまうことがたびたびでしたが、
昨冬は忘れずに世話出来たせいか、元気に育ちました。
水やりもたっぷりしないとすぐ弱るので気難しい花かもしれませんが、ビロードのような紫はほかの花では見られません。

庭のプランターに何種類かあるハーブ、ふと思いついて、ハーブテイーを作ってみました。
冷やしてみると清涼感があってけっこういけるのです。
いつもなら枯らしておわってしまうところをちょっと考えるだけで楽しめることが身近にたくさんありそうです。

先日映画「あん」を観たせいか、小豆をたいてみたくなっていま火にかけています。
冬場に一度やるかどうかなのに、樹木希林さんが愛おしむようにあんを作る姿が心に残り
つい小豆を買って来てしまいました。かなり雑になりそうですが・・・まあ



【2016/08/13 17:44】 | 未分類
|